miyaの出来事

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京マラソン2011のボランティアをして

<<   作成日時 : 2011/03/03 23:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

始めて東京マラソンのボランティアをした

東京マラソン、連続5回落選し、過去4回応援にも行ったことが無かった。東京マラソンへの始めての参加がボランティアとなった。FRUNのメンバー4人で団体の申し込み、担当は、芝ブロックのアミノ1班となった。

2/26の前日に、ビッグサイトで説明会があり参加。説明会の1時間前に到着しEXPOを見たが、人が多くゆっくり見ていられない。もっと早く来ればと後悔。下の行列は、ランナーの前日受け付け。羨ましいーーー。(-_-)
画像
画像


説明会の中で、盛んに強調していたのが、「濡れます!冷たいです!」と。天気も良さそうだったので、スニーカーでボランティアをしようと思っていたが、濡れない対策を実施。バイクの雨用のブーツを履き、下は同じくバイク用の雨合羽のズボンを履く。 それと手袋。力仕事をする時は軍手を使用。薄いビニールの手袋が支給されるがペットボトルのキャップを開ける時に破けてしまうので台所用の厚めの手袋が良いとの話が説明会の中であったので100均で調達。これが大正解。寒い・冷たい思いをする事がなかった。
下の写真は、給水エイド地点で準備前の光景。
画像


いざ、給水ボランティアが始まると、トップランナーはスペシャルドリンクを用意しているのでエイドでは給水しない。次のレベルの高速ランナーは速い。その速さでスピードを落とさず、紙コップを取って行く。親指、人差し指、中指の3本で素早くコップをつまんで行く。うまい!と感心!

失敗するランナーがいてコップ数個を倒して行く。すると、そのこぼれたアミノが我々ボランティアの方にザーッと流れて来る。テーブルの上から流れて来るのでズボンはすぐにビチャビチャ。後続のランナーが次から次からコップを倒して行く。コラーッ、しっかり取らんかい! ものの数分でズボン、ブーツはビチャビチャである。(>_<)

トップランナーが過ぎると、後続のランナーが次々とエイドに向かってくる。コップに注いでも注いでも間に合わない。ランナーを応援している暇など全く無い。2リットルのペットボトルからコップに注ぐ作業を暫く続ける。右手が疲れて来るが、ランナーが手を出して待っている。後ろのテーブルにもあると叫んでも、次から次からランナーが襲いかかってくる。まさに襲いかかって来ると云った表現が・・・。何せ32,000人のランナーが走っているので。

1番テーブルを担当したため、ランナーが途切れる前に売り切れ。早々とテーブルを撤収。その後は、応援にまわる。芝ブロックの10Km地点の関門時間が過ぎて、清掃開始。
下の写真は、10Kmのエイド地点から見た折り返して来たランナー達。道路の反対側は20Km地点。清掃、片づけが終わると、ゴミ収集車が来て、綺麗に回収。アミノバリューでベトベトした道路は、散水車が来て水を流していく。
画像
画像


ボランティアをして、走る前の準備から終わった後の片づけまで、走らないたくさんの人の力添えがあって大会が成り立っているのだと実感。走っているだけでは気づかない所である。

次の大会は、板橋シティ、かすみがうらマラソンのフルである。大会関係者に感謝しながら走りたいと思う。
下の写真はオフ会後、品川から見た東京タワー(写真)

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ボランティア、お世話様でした。って、私も5連続落選組でずっと、カメラを構えているばかりです。トップランナーと市民ランナーが一緒に走ることができる日本最初のマラソン。関わる人数を考えると気が遠くなりそうです。来年こそは、ランナーとして参加したいですね。
とっちゃん
2011/03/04 07:24
とっちゃん、こんにちは。

日曜日は、カメラマンお疲れ様でした。
あの中でよくFRUN の走ってくる人達を見つけて写真を撮れますね。動体視力が素晴らしい?

今年もお互い連敗記録更新ですね。来年に期待しましょう!では。
miya
2011/03/04 18:22
miyaさん、こんにちは。う〜ん、裏方の話を生で聞けると、涙ぐましいご苦労がたくさんあるんですね。コップはきちんと取るのがランナーの最低限のマナーですね。本当にお疲れ様でした。
kaz
2011/03/06 07:03
kazさん、こんにちは。

速い人がスピードを落とさずにコップを取るのは難しいですね。コップの横から取りに行くと失敗する確率が高いですね。ですから、こぼされることを前提に「濡れます」と事前の説明会で云っているんですね。(納得です。)

私のレベルでは、エイドでは止まってコップを取りますからこぼしませんけど、秒単位の記録更新を狙っている人にとっては当然かも知れませんね。
でも、ボランティア、給水が一段落した後は応援にまわり、たくさん応援が出来ました。楽しかったです。(^_^)v
miya
2011/03/06 19:52
ボランティア、ご苦労さまでした。

○はコップを取るのは「うなぎ握り」に徹しています。
人差し指と中指の2本をコップの中に突っ込み、親指をコップの外側に置く取り方です。強めに握ります。これで失敗はありません。間違っても、コップを持って手を出している人からは受け取りません。

2011/03/13 22:50
トップランナーのコップの取り方、その方法です。スピードが出ていても、コップの中に2本の指が入れば取れるようです。手の平で横から取る人は、何個かなぎ倒してたいてい失敗です。

これも訓練が必要ですね。もっとも私の場合は、止まるか、かなりスピードを落としているので失敗しません。(^^;)
miya
2011/03/14 20:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京マラソン2011のボランティアをして miyaの出来事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる